四国青年部が主催する第4回「志国青年連続講座」が2月2日、徳島文化会館で開かれました。
 「青年こそ恒久平和の担い手~民衆の交流が生んだ〝第九の捕虜収容所〟」と題し、「阿波の歴史を小説にする会」会長の林啓介氏が講演。
 参加者からは、「平和は失ってから後悔しても遅い。今、自分にできることから始めたい」などの声が寄せられました。140202写真