93C782DD8D8782ED82B98CP97FB須崎会館で2012年7月22日、地震・津波に対応する訓練が行われ、同会館の会館運営委員会の友らが参加しました。
南海トラフを震源とする巨大地震は30年以内に約60%の確率で発生が予測されています。
同訓練では、マグニチュード9の地震発生を想定し、策定中の災害対応マニュアルを読み合わせて内容を検討。避難誘導訓練も実施しました。
津波被害を想定した本格的な訓練は、四国の会館で初の試みです。整備されたマニュアルは四国をはじめ全国の会館で活用されていく予定です。