918D89EF四国青年部の第6回新世紀総会が2011年11月20日、東京・千駄ケ谷の創価国際友好会館で行われました。

池田名誉会長が四国の青年と共に綴った名曲「紅の歌」の誕生から30周年、また、名誉会長が第1回新世紀総会に出席して満10年の佳節を記念するものです。席上、この日の参加者を「四国青年池田会」とすることが発表されました。

名誉会長は祝福のメッセージを贈り、「『紅の歌』に歌われる如く『驕れる波浪』や『邪悪の徒』には断じて負けてはなりません。祈り戦い、苦労し、努力し抜いて、断固として社会の勝利者となり、人生の勝利者となってもらいたい」と期待を寄せた(全文を聖教新聞11月25日付各県版に掲載)。

総会では、棚野青年部長、原田会長が遠来の友を讃え、全国をリードする四国青年部の連続勝利を念願しました。