2017年1月15日、高知県の新『土佐清水会館』の定礎式が開催されました。
今春、完成予定の新会館には、礼拝室(らいはいしつ)や法話室等を備える予定。
式典では、各支部・地区・ブロックの石などを収めた定礎箱を埋納した後、施工業者があいさつ。
松下四国長が、「新会館完成を目指し、地域に友好と平和の連帯を広げていこう」と念願しました。