四国初の開催となった「わたしと宇宙展――奇跡の地球に生きる」(香川展)が2015年6月3日から7日まで、高松市のサンメッセ香川で行われました。
開幕した3日は一般公開前から長蛇の列ができ、来場者は月の石をはじめ、宇宙の写真や映像、宇宙飛行士が実際に使用した品々や探査機の模型など、盛りだくさんの内容に感動と驚きのまなざしを向けていました。
今回は地元展示のコーナーも好評で、子どもたちの夢が書かれた星々や「国分寺いん石」にも大勢が足を止め、見入る光景も。
参加者からは「感動しました。なかなかない機会なので、また来ます」「宇宙のことを知り、自分の悩みが軽くなりました」などの声が寄せられました。宇宙展