愛媛県書店商業組合から池田名誉会長に、「特別顕彰牌」が贈られました。
これは、小説『人間革命』執筆50周年を記念し、名誉会長の長年にわたる活字文化振興の功績を讃えたもの。
贈呈式は2014年9月4日、東京・信濃町の聖教新聞本社で行われました。同組合の足立岳彦専務理事が「推挙の辞」を述べ、光永和史理事長が特別顕彰牌に刻まれた言葉を読み上げました。
そして、特別顕彰牌が光永理事長から学会の長谷川副理事長に託されると、盛大な拍手が送られました。
続いて、長谷川副理事長が名誉会長の謝辞を代読。その中で名誉会長は、同組合の前身が設立された1964年は、奇しくも小説『人間革命』の執筆開始と同年であり、半世紀にわたり活字文化の発展へ、共々に歩みを刻んできたと言及。
夏目漱石や正岡子規、高浜虚子など近代日本を牽引した文化人を育んだ愛媛の天地に、今、活字文化を継承しゆく気風が豊かに息づいていると讃えました。
そして、「活字文化は、若き生命の無限の可能性を、薫発し開花させゆく偉大な原動力」と強調しつつ、「未来に生きゆく青年たちのために、敬愛する先生方とご一緒に、活字文化の希望みなぎるルネサンスへ、さらなる貢献を深く決意しております」と信条を述べました。愛媛県書店商業組合授与時

愛媛県書店商業組合全体