方面長あいさつ

みなさま、日頃より四国創価学会の活動にご理解頂き、誠にありがとうございます。

太平洋、瀬戸内海に囲まれ、四国山脈がそびえ立つ風光明媚な香川、高知、愛媛、徳島からなる四国は、それぞれが魅力を輝かせながら、地域に根を張り、志を高く掲げ歴史を刻んで参りました。

四国に創価学会員の一粒種が誕生したのは、昭和30年(1955年)1月。それからおよそ半世紀以上。四国の創価家族は、地域に友情と信頼の絆を広げてこれまでの四国創価学会を築き上げてくださいました。

少子高齢化社会の中で、未来ある青年を育て、次代を担う力ある人材を輩出し、人間関係の希薄化が叫ばれる中にあっては目の前の一人に希望の光を送る私たちの活動はいよいよ水嵩を増して必要とされているように感じてなりません。青年を育てたところが、発展を続けるとの思想のもと、若い世代を主体として、日蓮仏法を基調とした平和・文化・教育に対して取り組みを行っています。とりわけ、東日本大震災を目の当たりにし、四国にも今後30年間に必ず来るであろうと言われている南海大地震に対する意識調査を行い、2017年現在で6回目を迎えています。また、郷土の抱える課題に対して、若年層がどう向き合うかを提唱する「志国青年連続講座」を開催しています。

四国は志国、師国、詩国と池田先生に名前を頂いたとおり、ロマン溢れる天地です。詩情に溢れた豊かな風土の中で、師匠・池田先生に喜んで頂ける希望の天地を築きあげるため、四国の同志は走り続けています。これからも方面歌「我らの天地」、四国で誕生した学会歌「紅の歌」を青年と共に歌いながら、一人一人が自分らしく輝ける人生を歩んでいけるよう活動して参ります。

四国長  松下 博文