香川・高知が前進の総会

池田先生の四国初訪問65周年と、「さんふらわあ7」号の師弟求道の船旅から40周年の佳節を記念する総会が、香川と高知で盛大に行われました。池田先生は両会合に「新たな広布拡大の大金字塔を」とメッセージを。

香川総県の総会は18日、四国池田文化会館で行われ、男子部の宮内裕さんが活動報告。北野総県長、都築同婦人部長は、自身の境涯革命へ、皆が勇気の対話に挑戦をと呼び掛けました。

高知総県の幹部総会は19日、高知文化会館で行われ、男子部の齋藤瑛宏さんが活動報告。山﨑総県長、西原同婦人部長は、弘教と人材育成で「師子吼大勝利月間」を前進しようと呼び掛けました。

両会合には、原田会長と石嶋主任副会長、松下四国長が出席。原田会長は、人材育成の要諦は「育てる側の成長にこそある」と強調し、まずは自身の仏法対話で模範を示し、信心の醍醐味である折伏の歓喜と功徳を共有しながら、四国に偉大な人材城を構築しようと呼び掛けました。