四国学生部が幹部会

四国学生部の幹部会が27日、香川・高松市の高松平和会館で行われました。

小谷四国副書記長のあいさつに続き、徳島の伊井正志さんが、リーダー率先の訪問・激励に走る模様を報告。

森田四国学生部長は「さんふらわあ7」号の求道旅40周年の明年を、弘教拡大と人間革命の結果で荘厳しようと語りました。

樺澤学生部長は、入会を機に家族の病と経済苦を乗り越えた友人の体験を紹介。友を幸福にできる信心を“自分が実践する”と決め、折伏に果敢に挑戦しようと呼び掛けました。

終了後、学生部活動についてのディスカッションも行われました。